無料のメールマガジンはハロー株式のバックナンバーです。

朝刊・夕刊と毎日2回、新鮮な情報をお届けしています。株式投資の参考にご利用ください。

朝刊

夕刊

月別

バックナンバー

【朝刊】
世界の既存店売上高が5年ぶりの高い伸びとなり、四半期決 算も市場予想を上回ったマクドナルドが買われ過去最高値を更新。同じく予想 以上の決算を発表したデュポンも過去最高値を更新。好決算の発表と同時に通 期見通しを上方修正したキャタピラーが大幅高。好決算を発表した産金のニュ ーモント・マイニングも大きく上昇しました。
2017年07月26日 | 続きはこちら »
【夕刊】
家具のニトリが550円高の1万5510円と値を飛ばしています。暑い日 が続いており、接触冷感機能を持つ敷きパッド「Nクール」シリーズの販売好 調を好感した買いが入っています。
2017年07月25日 | 続きはこちら »
【朝刊】
ダウは3日続落となりましたが、引け後に決算を発表するアルファベット( グーグル)が好業績期待で買われ、アマゾンやアップル、フェイスブック、テ スラ、ギリアドなどナスダック市場の主力株が堅調だったため、ナスダック指 数は過去最高値を更新しました。
2017年07月25日 | 続きはこちら »
【朝刊】
今週は米主要企業の決算発表が相次ぎますが、日本においても今週後半から3 月期決算企業の第1四半期(4~6月期)決算の発表が相次ぎます。決算デー タの中でも期初計画(通期業績予想)に対する進捗率は要チェックです。また、 第1四半期決算の発表時に通期予想を上方修正するケースは少ないものの、あ れば投資家のマインドがさらに上向きます。
2017年07月24日 | 続きはこちら »
【増刊】
近くをはかる、すなわち目先の「利」ばかり追っていますと必ず貧すことにな るという訳ですが、この名言はそのまま株式投資にも通じ、やはり、遠き(中長 期)をはかって種蒔き(投資)する必要があります。
2017年07月22日 | 続きはこちら »
【夕刊】
競走馬のセリ市「セレクトセール」が先日行われました。今年の落札総額は1 73億円を突破し、5年連続で過去最高を更新。1頭あたりの平均落札額は4 268万円でした。今年の最高落札額は5億8千万円の値がついたディープイ ンパクト産駒(さんく、ディープの子)で、この馬は「アドマイヤ」を冠して デビューする見通しです。次いで高額落札となったのはやはりディープの子で、 ネット通販やオンラインゲームで知られるDMM.com(ディーエムエム・ ドットコム)が3億7千万円の値を付けました。ちなみに同社は一口馬主事業 への参入を表明しており、今回のセレクトセールで約7億円を使い話題になり ました。3位も同じくディープ産駒で、2億7千万円で競り落とされた馬は、 いずれ「サトノ〇〇」の名前でターフに登場します。
2017年07月21日 | 続きはこちら »
【朝刊】
総合小売りのシアーズが大幅上昇。シアーズが傘下の家電ブ ランド「ケンモア」の製品をアマゾンで販売すると発表したことが買いを呼び ました。一方、家電量販店のベストバイが下落。店舗に家電売り場を併設する ホームセンターのホームデポやロウズが大幅安。塗料メーカーのシャーウィン が業績見通しを下方修正したこともホームセンター株の売りにつながり、ホー ムデポ1社でダウを43ドルほど押し下げました。
2017年07月21日 | 続きはこちら »
【夕刊】
防衛関連で機雷を製造する石川製作が44円高の1161円 と値を飛ばしています。北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)か中距離弾 道ミサイルの発射を準備している可能性があると報じられ、地政学リスクの高 まりを意識した買いが入っています。防衛省に訓練・救難用の発煙筒を販売し ている細谷火工も51円高の859円と大幅高です。
2017年07月20日 | 続きはこちら »
【朝刊】
相場は引けにかけて上げ幅を拡大し、ダウは3日ぶりの上昇で過去最高値を 更新。ナスダック指数は9日続伸と、2015年2月の10日続伸以来、約2 年5カ月ぶりの連騰記録で過去最高値を連日更新。S&P500種指数も2日 続けて過去最高値を更新しました。
2017年07月20日 | 続きはこちら »
【夕刊】
明日は日銀金融政策決定会合と欧州中央銀行(ECB)理事会の結果が発表さ れます。日銀もECBも現状の金融政策を維持するとみられますが、ECB理 事会後の記者会見でドラギ総裁が緩和縮小に言及するのではないかとの思惑が 浮上しています。
2017年07月19日 | 続きはこちら »