無料のメールマガジンはハロー株式のバックナンバーです。

朝刊・夕刊と毎日2回、新鮮な情報をお届けしています。株式投資の参考にご利用ください。

朝刊

夕刊

月別

バックナンバー

【夕刊】
半導体関連が連日で上昇。半導体や電子部品向け切断・研削 ・研磨装置で世界首位のディスコが530円高の2万7740円、半導体製造 装置の東京エレクトロンが90円高の2万2940円、半導体向けシリコンウ エハ世界トップクラスのSUMCOが60円高の3250円、半導体シリコン ウエハで世界首位の信越化学が90円高の1万2450円となっています。
2018年01月19日 | 続きはこちら »
【朝刊】
ダウの上昇をけん引してきたボーイングが下落。ダウの下げ 幅(97ドル)のうち76%(74ドル)はボーイングによる下落です。巨額 の費用を計上し、解体も選択肢の一つとされているゼネラル・エレクトリック (GE)が4日続落、6年ぶりに17ドルを下回りました。
2018年01月19日 | 続きはこちら »
【夕刊】
ちなみに、NYダウが1999年3月に終値で初めて1万ドル台に乗せてから2万ドルに到達するまでは18年近い歳月を要しましたが、1万9000ドルから2万ドルまでは、営業日数でわずか42日で駆け上がりました。参考までに、NYダウが2万ドルを突破して以降、1000ドル上昇するのに要した日数(営業日ベース)は下記のようになっています。
2018年01月18日 | 続きはこちら »
【夕刊】
債務上限の引き上げ期限が近づきますとその都度リスクとして意識されますが、 ほとんどの場合でつなぎ予算が成立し心配は杞憂に終わります。ちなみに、米 政府機関が閉鎖されるとNY株も下落するケースが多いのですが、直近の3回 (2013年、1996年、1995年)は期間中上昇しています。
2018年01月17日 | 続きはこちら »
【朝刊】
昨晩のNY株は小反落。ダウは1日で282ドル高から一時100ドル安ま で値下がりし、日中の高安差は380ドルを超えました。
2018年01月17日 | 続きはこちら »
【夕刊】
昨年来でみて日経平均の安値は昨年4月14日の18335円です。その安値 から約9カ月で日経平均は5616円上昇し、現在は2万4000円目前とな っています。3万円達成も時間の問題のように思えます。
2018年01月16日 | 続きはこちら »
【朝刊】
昨晩のNY市場はキング牧師誕生日(祝日)で休場。欧州は英FT指数や独 DAX指数が小幅下落。午前6時過ぎの円相場は1ドル=110円50銭前後 と前日夕に比べ30銭ほど円高水準で推移しています。
2018年01月16日 | 続きはこちら »
【夕刊】
ソフトバンクGが288円高の9223円と値を飛ばしています。傘下の携帯会社ソフトバンクを東証1部に上場させる方針を固めたと報じられ、材料視した買いが入っています。調達資金は海外のIT企業への出資に充て、上場後も携帯会社ソフトバンク株の7割程度を保有し続け、約3割を売り出す計画です。
2018年01月15日 | 続きはこちら »
【朝刊】
先週末のNY株式市場は、好決算を好感した買いで3指数そろって最高値を更新しました。 米銀大手のJPモルガンや資産運用大手のブラック・ロックが取引開始前に発表した四半期決算はともに市場予想を上回り、法人税減税による利益拡大への期待が強まり買いが広がりました。
2018年01月15日 | 続きはこちら »
【増刊】
ここに株式投資で大きく儲ける秘訣があります。やはり、株式投資で儲ける ためには後者のタイプ、すなわち『ゆとり型』になる必要があります。株式投 資だけで巨額の財を築き、毎年全米の長者番付けのトップクラスに顔を出す 「ウォーレン・バフェット」然りです。「急がば回れ、走れば躓く(つまずく) 」、「儲けは我慢の対価」、すなわち「辛抱銭」(しんぼうぜに)、この原則 をしっかりと心得ておく必要があります。
2018年01月13日 | 続きはこちら »