無料のメールマガジンはハロー株式のバックナンバーです。

朝刊・夕刊と毎日2回、新鮮な情報をお届けしています。株式投資の参考にご利用ください。

朝刊

夕刊

月別

バックナンバー

【夕刊】
「結果にコミットする」実績と知名度を背景に次々と他社を買収し事業を拡 大させてきたRIZAPグループ(2928)ですが、14日の引け後に19 年3月期の純損益を従来の159億円の黒字見通しから70億円の赤字見通し に下方修正したことから売りを浴び、2日連続のストップ安となっています。
2018年11月16日 | 続きはこちら »
【朝刊】
昨晩のNY株は反発。アップル株への割安感の指摘、バフェット氏の新規投 資、米中関係の改善期待などが支援材料となりました。ただ、引け後に決算を 発表したエヌビディアやアプライド・マテリアルズは時間外取引で大幅安とな っています。
2018年11月16日 | 続きはこちら »
【夕刊】
機関投資家などが運用を任せているファンドを解約する場合は決算期末の45 日前までに申し出る必要があります。いわゆる「45日ルール」で、今週は1 2末に決算期末を控えるファンドの「45日ルール」の最終週にあたります。 11月中旬のこの時期を過ぎますと需給が改善し、月末にかけて相場が戻すの が例年の展開です。
2018年11月15日 | 続きはこちら »
【朝刊】
NY原油(WTI)は13営業日ぶりに反発。原油相場は前日までの過去最 長の下落で約1年ぶりの安値をつけましたが、この日は産油国が価格維持のた めに減産で合意するとの報道を手がかりに買い戻す動きがみられました。
2018年11月15日 | 続きはこちら »
【夕刊】
決算発表が一段落しました。先行きの不透明感から企業の業績見通しは慎重で、 また現在は積極的には手掛けにくさもあって割安に放置されている銘柄が数多 くあります。あとから振り返ってみて「あの時に買っておけば」という時期は、 きまって「買いにくい」雰囲気の時でもあります。
2018年11月14日 | 続きはこちら »
【朝刊】
NY原油(WTI)は急落し過去最長の12日連続下落。前日にトランプ米 大統領がツイッターを通じてサウジやOPECの減産をけん制したことを受け て売りが継続。OPECが月報で来年の石油需要見通しを下方修正したことも 売りにつながりました。この日の下落率は7%に達し、終値としては昨年11 月16日以来ほぼ1年ぶりの安値を付けました。
2018年11月14日 | 続きはこちら »
【夕刊】
日経平均に対する寄与度計算もダウの場合と同じで、構成銘柄の変動幅を除 数(現在は26.993)で除して求めます。※「みなし額面」が50円以外 の114銘柄についてはみなし株価で計算する必要があります。
2018年11月13日 | 続きはこちら »
【朝刊】
アイフォーンの販売不振が警戒されたアップルが大幅安となり、リスクオフ の売りが拡大。マレーシアの政府系ファンドの不正に組織ぐるみの関与が疑わ れている金融のゴールドマン・サックスが急落したことも相場を押し下げまし た。
2018年11月13日 | 続きはこちら »
【夕刊】
まぐまぐに調査を依頼したところ、一部のドメインでまぐまぐからのメールが 届きづらくなっていたことが分かりました。ドメインの受信設定が解決策とな ります。下記に受信設定の方法が記載されていますのでご参照いただければと 思います。 → http://help.mag2.com/000335.html
2018年11月12日 | 続きはこちら »
【朝刊】
前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で米連邦準備理事会(FRB)が 利上げ継続のスタンスを維持し、この日朝方発表の10月の米卸売物価指数( PPI)が前月比0.6%上昇と、市場予想(0.2%上昇)を上回り12年 9月以来6年1カ月ぶりの大幅な伸びとなり金利の先高感が強まったことも相 場を圧迫しました。
2018年11月12日 | 続きはこちら »