無料のメールマガジンはハロー株式のバックナンバーです。

朝刊・夕刊と毎日2回、新鮮な情報をお届けしています。株式投資の参考にご利用ください。

朝刊

夕刊

月別

バックナンバー

【夕刊】
本日の騰落レシオ(136.34%)は、昨年9月26日の136.05%を 越え、過去最長の16連騰を記録した2017年10月以来、約1年11カ月 ぶりの高水準となっています。
2019年09月20日 | 続きはこちら »
【朝刊】
前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で米連邦準備理事会(FRB)は 市場の予想どおり0.25%の利下げを決定し、パウエルFRB議長は追加緩 和に含みを持たせましたがこの日は材料視されることなく、およそ2カ月ぶり に始まる米中の次官級貿易協議の行方に市場の関心が移りました。
2019年09月20日 | 続きはこちら »
【夕刊】
本日の金融政策決定会合は、欧州中央銀行(ECB)と米連邦準備理事会(F RB)が相次いで金融緩和に動いた後の開催でしたが、日銀は緩和カードを温 存しました。海外情勢が不透明感を増し、10月1日の消費税率の引き上げが 景気にブレーキをかける恐れもあり、日銀は必要ならば躊躇なく追加の金融緩 和措置を講じる構えを変えていません。ちなみに来月は、ECB理事会が24 日、米連邦公開市場委員会(FOMC)が29~30日、日銀金融政策決定会 合が30~31日に開催されます。
2019年09月19日 | 続きはこちら »
【朝刊】
注目の米連邦公開市場委員会(FOMC)で米連邦準備理事会(FRB)は 市場の予想どおり今年2回目となる0.25%の追加利下げを決定。ただ、F OMC参加者の金利見通し(ドットチャート)でこれ以降年内の利下げを見込 んでいないことが明らかになるとタカ派的との見方からダウは211ドル安ま で下げ幅を拡大しました。
2019年09月19日 | 続きはこちら »
【夕刊】
ラグビーワールドカップ2019日本大会が明後日から始まります。開催期間 は44日間と長く、会場は日本全国の12都市と広範囲です。試算ではスタジ アムでの観戦者は最大180万人、このために訪日する外国人観光客は40万 人、国内客による消費は160億円、訪日外国人客による消費は1057億円 に達すると見込まれています。
2019年09月18日 | 続きはこちら »
【朝刊】
昨晩のNY株は小反発。原油相場が急反落したため、前日上げたエネルギー株が反落した一方、前日下げた日用品や小売り、素材、空運株などが反発しました。
2019年09月18日 | 続きはこちら »
【夕刊】
5G関連の代表格として通信計測機器を手掛ける一押しのアンリツも4日連 続高、28円高の2065円、同じく伊藤忠テクノソリューションズも71円 高の2872円と値を上げています。
2019年09月17日 | 続きはこちら »
【朝刊】
NY原油(WTI)は前週末比8.05ドル(14.7%)高と急反発。サ ウジの石油施設が攻撃され、同国の産油量の半分にあたる日量570万バレル の生産が停止。産油量の回復には数カ月かかるのと見方もあり、供給不足への 懸念から買いが膨らみ急騰、5月21日以来約4カ月ぶりの高値で取引を終了 しました。
2019年09月17日 | 続きはこちら »
【夕刊】
建設現場の施工管理技術者派遣を主力とする夢真HDが4日連続高、29円 高の884円と約9ヶ月ぶりの高値水準となっています。昨日に自社株買いの 取得枠拡大を発表し、株主還元の強化に繋がるとして好感した買いが入ってい ます。
2019年09月10日 | 続きはこちら »
【朝刊】
昨晩のNY株はまちまちの動きでしたが、金融株や中国関連銘柄の上昇が目立ちました。 為替市場では、米債利回りの上昇でドル買い・円売りが優勢となり、約1カ月ぶりの円安水準となっています。
2019年09月10日 | 続きはこちら »