バックナンバー

【朝刊】
米金融当局者は物価の上昇は一時的で、テーパリング(量的緩和の縮小)の 議論開始は時期尚早との姿勢を崩していませんが、市場ではFRBは年内にも テーパリングに舵を切るとの見方は根強く、早ければ6月のFOMCで議題にあがるとの見方があり、今晩発表のFOMC議事要旨(4月27~28日開催分)でインフレや政策の変更・維持について会合参加者(米金融当局者)からどのような意見が出たのか注目されます。
2021年05月19日 | 続きはこちら »
【夕刊】
トヨタ自動車が3日連続高で171円高の8819円と6年2ヶ月ぶりに上場来高値を更新。22年3月期連結営業利益が前期比13%増の2兆5000億円見通しであり、自社株買い、そして9月末時点の株主に対する1対5の株式分割の実施も発表しており、好感した買いが膨らんでいます。
2021年05月18日 | 続きはこちら »
【朝刊】
商品相場が上昇し、エネルギーのエクソンモービルやシェブロン、産金のニューモント、資源のフリーポート・マクモランなど、市況関連銘柄の上昇も目立ちました。
2021年05月18日 | 続きはこちら »
【夕刊】
4月の工作機械受注総額(速報)は前年同月比2.2倍の1239億円と、大幅プラスとなりました。前年比増加は6カ月連続。前月比では4.1%減。内訳は、内需が前年同月に比べ70.3%増の360億円、外需は約2.5倍増の879億円でした。
2021年05月17日 | 続きはこちら »
【朝刊】
米疾病対策センター(CDC)がワクチン接種を完了した人はマスク着用や人と人との間に距離を取るソーシャルディスタンスは不要だとの新たな指針を示したことを受けて、経済活動の正常化が加速するとの見方も買いを促し、3指数とも続伸しました。
2021年05月17日 | 続きはこちら »
【夕刊】
本日で企業の決算発表はピークを超えました。目先の動きで相場が上下しましても、最終的には企業業績が株価を決めるといっても過言ではありません。目先の相場の動きに惑わされることなく、個別の業績をしっかり把握した上で投資に臨みたいものです。チャンスは眼前にあるのかもしれません。
2021年05月14日 | 続きはこちら »
【朝刊】
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの急落でテスラやAMDなどのハイテク株の一角が下げたことでナスダック指数は一時マイナスに転じる場面がありましたが、引けにかけて持ち直しています。
2021年05月14日 | 続きはこちら »
【夕刊】
これを「マイニング(採掘)」と呼び、マイニングのためには専用の高性能コンピュータを集約的に大規模に稼働させる必要があり、マイニングのために年間消費される電力はオランダやノルウェーの年間電力消費量に匹敵するとの試算もあります。
2021年05月13日 | 続きはこちら »
【朝刊】
市場の不安感を映すボラティリティ・インデックス(VIX、恐怖指数)は前日比26%高の27.59と、警戒ラインとされる20を大きく上回り3月4日以来の高水準となっています。
2021年05月13日 | 続きはこちら »
【夕刊】
相場全般安の中にあってトヨタ自動車が182円高の8523円と上昇。13:25に2022年3月期の連結純利益が前期比2%増の2兆3000億円になる見通しに加えて自社株買いと1対5の株式分割を発表し、好感した買いが入っています。
2021年05月12日 | 続きはこちら »