無料のメールマガジンはハロー株式のバックナンバーです。

朝刊・夕刊と毎日2回、新鮮な情報をお届けしています。株式投資の参考にご利用ください。

朝刊

夕刊

月別

バックナンバー

【朝刊】
想定されていたこととは言え、米下院が税制改革法案を可決したことも安心 材料。11月8日に主要3指数が最高値を更新して以降、軟調な展開が続いて いた後だけに押し目買いが入りやすく、幅広い銘柄が上昇しました。ハイテク 株の比率が高いナスダック指数は8日以来約1週間ぶりに過去最高値更新です。
2017年11月17日 | 続きはこちら »
【夕刊】
相場全般安の中、11月12日(日)の増刊号にて最も気になる下値メドについて、「テクニカル的に見ますと10月31日とその翌日の間で窓を開けており、その窓埋め水準は2万2020円、従いまして2万2000円どころ」と申し上げました。本日、瞬間安値2万1972円を付けて上昇に転じており、窓埋め水準となる2万2000円どころがほぼドンピシャリという形となっています。
2017年11月16日 | 続きはこちら »
【朝刊】
ア ナリストが投資判断を「強い買い」に引き上げたアラスカ航空が大幅高。アプ リを通じて仮想通貨ビットコインの売買を可能にすることを明らかにしたモバ イル決済のスクエアが買いを集め上場来高値を更新しました。
2017年11月16日 | 続きはこちら »
【夕刊】
13日時点のレギュラーガソリンの店頭価格(1リットル当りの全国平均)は前週比1.8円上昇の138.3円と9週連続で値上がりし、およそ2年3カ月ぶりの高値水準となってます。
2017年11月15日 | 続きはこちら »
【朝刊】
本日のスペシャル版(有料版)では、『業績絶好調、この押し目で 仕込んでおきたい先高期待大の○3○○!』をご紹介させて頂きます。下押し 局面での押し目買い、或いは打診買い、これは功を奏する可能性が極めて高い です。ご期待下さいませ!
2017年11月15日 | 続きはこちら »
【夕刊】
名古屋本社で日本初の角膜コンタクトレンズを開発したメニ コンが840円高の6000円と大幅高で上場来高値更新。18年3月期の連 結純利益が30億円と従来計画23億円から上方修正し、併せて12月31日 付で1株を2株に株式分割すると発表。期末配当の実質的な引き上げとなり、 好感した買いが膨らんでいます。
2017年11月14日 | 続きはこちら »
【朝刊】
ダウは寄り付き直後に80ドル近く下げる場面がありましたが、売り一巡後 は押し目を拾う動きも見られ指数はプラス圏に浮上。この日は注目される経済 指標の発表がなく、手がかり材料に欠ける中、指数は前週末終値付近で取引を 終了しました。
2017年11月14日 | 続きはこちら »
【夕刊】
指数は大きく下げましたが、日清食HD、マツモトキヨシ、ロート、資生堂、 コーセーなどが上場来の高値を更新しています。ちなみに、資生堂の時価総額 は初めて2兆円台に乗せています。
2017年11月13日 | 続きはこちら »
【朝刊】
個別銘柄では、市場予想を大きく上回る好決算を発表した半導体のエヌビデ ィアが大幅高となり過去最高値を更新。マイクロン・テクノロジーやアプライ ド・マテリアルズ、ザイリンクスなども上昇しました。既存店売上高が予想以 上に伸びた百貨店のJCペニーが急伸し、同業のメーシーズやコールズ、アパ レルのギャップやエル・ブランズなども上昇しました。
2017年11月13日 | 続きはこちら »
【増刊】
もう一つ、10月20日とその翌日の間でやはり窓を開けており、その窓埋 め水準は2万1489円です。従いまして、心理的節目とも重なる2万200 0円どころ、或いは2万1500円どころ、この辺りが有力な下値目安として 注目の水準となります。
2017年11月12日 | 続きはこちら »