無料のメールマガジンはハロー株式のバックナンバーです。

朝刊・夕刊と毎日2回、新鮮な情報をお届けしています。株式投資の参考にご利用ください。

朝刊

夕刊

月別

バックナンバー

【夕刊】
為替市場では円売り・ドル買いが進み、1ドル113円台と1月上旬以来およそ半年ぶりの円安水準となっており、企業業績の上振れ期待が高まります。
2018年07月18日 | 続きはこちら »
【朝刊】
有料会員向けセール「プライムデー」が販売好調だと伝わったアマゾンが連日の上昇で上場来高値を更新。フェイスブックやマイクロソフト。アルファベット(グーグル)にも買いが入りそろって上場来高値を更新。半導体のエヌビディアやブロードコム、半導体製造装置のラムリサーチなども上昇。
2018年07月18日 | 続きはこちら »
【夕刊】
大雨による災害が多発している昨今。改めて水害対策関連銘柄をご紹介させ ていただきます。水害がおこれば必ず物色されるというわけではありませんが、 参考にしていただければ幸いです。
2018年07月17日 | 続きはこちら »
【朝刊】
航空機のボーイングが上昇。航空ショー開催中の英ファンボ ローで受注を伸ばしていることが好感されました。取引開始前に好決算を発表 したバンク・オブ・アメリカが大幅高となり、前週末下げたゴールドマンやJ Pモルガンなども反発。ボーイング、ゴールドマン、JPモルガンの3銘柄で ダウを100ドル近く押し上げています。
2018年07月17日 | 続きはこちら »
【増刊】
円相場が1ドル=112.50円前後まで円安の流れが加速してきているこ と、加えて米ナスダック指数が7月13日(金)に史上最高値を更新している こと、更に7月下旬からは3月期決算企業の第1四半期(4~6月期)決算発 表が本格化しますが、総じて好業績発表となる可能性が高く、そうした点が支 援材料となり、年末にかけて強調基調が継続する可能性は高いです。
2018年07月14日 | 続きはこちら »
【夕刊】
ソフトバンクが11日連続高で346円高の9722円と1 万円大台乗せが視界に入ってきました。昨日には米投資ファンドのタイガーグ ローバルが10億ドル(約1100億円)分取得したと報じられ、先高を期待 した買いが継続しています。
2018年07月13日 | 続きはこちら »
【朝刊】
ダウは224ドル高の大幅反発で、前日の下げ(219ドル安)を打ち消し。 主力ハイテク株が上場来高値を更新し、ナスダック指数は6月20日以来およ そ3週間ぶりに過去最高値を更新しました。
2018年07月13日 | 続きはこちら »
【夕刊】
東証が7月第1週(2~6日)の投資家別株式売買動向を発表。外国 人は3週連続の売り越しで売越額は313億円となっています。ただ、前の週 の2857億円からは大幅に売越額が縮小しています。個人は3週連続の買い 越しで買越額は633億円、年金基金の売買動向を反映する信託銀行も3週連 続買い越しで買越額は997億円となっています。
2018年07月12日 | 続きはこちら »
【朝刊】
個別銘柄では、中国事業の比率が高い建機のキャタピラーの下げがきつく、 航空機のボーイングや工業用品のスリーエム、ハネウェルやイートンなどの工 業株が軒並み安。同様に半導体製造装置関連のラム・リサーチやアプライド・ マテリアルズ、半導体のマイクロンやエヌビディアなども売られました。
2018年07月12日 | 続きはこちら »
【夕刊】
7月は2日から取引が始まる「二日新甫」で「二日新甫の月は相場が荒れる( 大きく動く)」と言われますように、まさに「荒れ相場」の様相を呈してきま した。ちなみに、過去5年の7月相場と今年の本日までの7月相場は下記のよ うになっており、大きく動いた年もあります。大きく動くところにチャンスは あります。
2018年07月11日 | 続きはこちら »