バックナンバー

【朝刊】
好調な決算を発表した電子設計自動化ソリューションを手掛けるシノプスが大幅高となり、ケイデンス・デザイン・システムズやデータドッグなどのソフトウェア株が上昇。サンパワーやショールズ・テクノロジーズなど太陽光発電関連銘柄にも買いが入りました。
2022年05月20日 | 続きはこちら »
【夕刊】
欧州連合(EU)はロシア産エネルギーからの脱却と再生可能エネルギーの大規模普及を目指し、今後5年間で官民合わせて約29兆円の投資を行う方針で、多くの銘柄が急落した昨晩のNY株式市場でも太陽光発電関連銘柄の一角は堅調でした。
2022年05月19日 | 続きはこちら »
【朝刊】
ほぼ全面安の商状。ダウは前日までの3日続伸による上昇(924ドル)を全て吐き出し今年最大の下げ幅を記録、終値としては21年3月上旬以来の安値圏に沈みました。
2022年05月19日 | 続きはこちら »
【夕刊】
本日発表された2022年1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は物価変動の影響を除いた実質値で前期比0.2%減、年率換算1.0%減と、まん延防止等重点措置適用の影響で2四半期ぶりのマイナス成長となりました。
2022年05月18日 | 続きはこちら »
【朝刊】
中国の動向や経済指標を受けて景気に対する過度の警戒感が後退したことから航空機のボーイングや資源のフリーポート・マクモランが大きく上昇し、重機のキャタピラーや化学のダウ・インクなどの景気敏感株に買いが入り、中国関連銘柄とされるスポーツ用品のナイキも上昇。中国の電子商 取引大手アリババが6%高となるなど中国株の上昇も目立ちました。
2022年05月18日 | 続きはこちら »
【夕刊】
そうした世の中の流れを背景に日本経済新聞社は、産業革命以来の世界気温の上昇を1.5度以下とする目標を踏まえて制定された欧州連合(EU)の指数規則「パリ協定適合ベンチマーク」に則り、新たな指数の算出を今月30日から始めます。
2022年05月17日 | 続きはこちら »
【朝刊】
テスラCEOのイーロン・マスク氏による買収の実現性が低いとの見方から短文投稿サイトのツイッターは大幅安で7日続落となり、マスク氏による株式の大量保有が明らかになってからの上昇 を帳消しにしました。
2022年05月17日 | 続きはこちら »
【夕刊】
4月13日に1000円前後が狙い目としてご紹介させて頂いた歌手等のファンサイト運営の【エムアップ】。エンターテインメントとITを結びつける同社の飛躍への期待は高く、株価は大きく上昇、こうなる可能性が高いとしてご紹介させて頂きましたが、本日好業績発表で144円高の1102円と大幅高です。仕込まれた方、取り敢えずはおめでとうございます!
2022年05月16日 | 続きはこちら »
【朝刊】
ダウは前日までの6日続落で2330ドル(6.8%)下落していたこともあって週末のこの日は売り方の持ち高調整の買いや目先の反発を期待した買いが入り相場を押し上げました。
2022年05月16日 | 続きはこちら »
【夕刊】
「存亡の危機だから団結して勇敢に戦おう」と言うのではなく、「人々が今を振り返って『あの時こそ栄光の時であった』と言われるように振る舞おう」と言葉をつないだのはチャーチルのスピーチの巧みさです。
2022年05月13日 | 続きはこちら »