―――――――――――――――――――――――――――――――――――


 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛     

                 
    相場の読み方、有望銘柄、投資のやり方等々・・・好評配信中!


                →  https://www.aqua-inter.com/special/


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

             ◎ ハロー株式 ◎       2020/11/09 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・



おはようございます。aquaです。

 米大統領選で民主党のジョー・バイデン前副大統領の当選が確実となりまし
た。バイデン氏は声明を出し、「大統領に選ばれて光栄だ」と勝利宣言してい
ます。


 これを受け、菅首相は日曜日の朝にバイデン氏に祝意を伝え、自身のツイッ
ターに日本語と英語で「ジョー・バイデン氏および(副大統領候補の)カマラ
・ハリス氏に心よりお祝い申し上げます」と投稿しています。


 もっとも、トランプ氏は「選挙は全く終わっていない」と敗北宣言はせず、
結果を受け入れない立場を強調。「法が順守され、正当な勝者が選ばれるよう
法廷で提訴の手続きを始める」と法廷闘争を続けるとしています。


 バイデン氏はこれから政権移行に向けた準備を加速します。4年ぶりとなる
民主党の政権奪還が決まれば、バイデン氏は2021年1月の就任時に78歳
と史上最高齢の米大統領に就くことになります。


 副大統領候補のカマラ・ハリス上院議員は56歳で女性や黒人、アジア系と
して初の副大統領となります。



……………………………………………………………………………………………
 ~目次~          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.NY市況

 2.本日の注目点と話題

 3.心に残る名言



…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

          << まぐまぐ大賞 2020 >>

       aquaの「ハロー株式」にご投票をお願いします。

  ─────────────────────────────────

下記ページ左上の【 このメルマガをまぐまぐ大賞2020に推薦する!!】を
クリックしていだければ簡単にご投票いただけます。

         https://www.mag2.com/m/0000059907.html



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


□ダウ工業株      28323.40(- 66.78)▼0.24%
□ナスダック      11895.23(+  4.30)△0.04%
□S&P500      3509.44(-  1.01)▼0.03%

□ダウ輸送株      11614.65(- 54.93)▼0.47%
□半導体株(SOX)   2529.27(+ 40.11)△1.61%

□NY原油先物(12月限)   37.14(- 1.65)
□NY金先物 (12月限) 1951.70(+ 4.90)

□為替      (対ドル)103.33(前日比0.09円高)
        (対ユーロ)122.70(前日比0.25円安)

CME日経225先物     24330(- 10)※大阪終値比



 先週末6日のNY株式市場は、利益確定の売りや様子見ムードから上昇一服
となりました。

 NY株は前日まで4日続伸、ダウは4日間で1888ドル(7.1%)と週
間として4月第2週以来の大幅上昇となっていたことから週末のこの日は利益
確定の売り優勢で始まりましたが、先高期待が強いことから売り急ぐ動きは見
られず、ダウは一時200ドル程度下げたのみで下げ幅を縮小。

 米労働省が朝方発表した10月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が前月
比63万8千人増と市場予想(53万人増)を大幅に上回り、失業率は6.9
%と市場予想(7.6%)より改善。経済対策として実施された中小企業向け
給与保護プログラムなどが失効しているにも関わらず労働市場は堅調との見方
も相場の下値を支えました。

 ただ、新型コロナ感染者増で行動制限を再び強化している欧州で景気の二番
底懸念が強まっていることや、米国内でも1日当たりの新規感染者数が過去最
高を記録したことなどから先行きに対する警戒感は根強く、また、大統領選で
バイデン氏が勝利し、連邦議会は上下両院のねじれ状態が続くとの見方からこ
こまで上昇してきましたが、大統領選も議会選もまだ確定しないことから様子
見ムードも強く、指数は前日終値付近で取引を終了しました。

 ダウは小幅ながら5営業日ぶりに反落。週間では3指数とも4月第2週以来
の大幅高となりました。

 S&P業種別指数は、生活必需品、テクノロジー、素材などが堅調だった一
方、エネルギーが下げ、金融、不動産などが軟調でした。

 個別銘柄では、アップルやアマゾン、フェイスブックなど主力ハイテク株が
軟調だった一方、アナリストによる投資判断の引き上げなどを手掛かりにアド
バンスト・マイクロ・デバイス(AMD)やエヌビディアなどの半導体株が続
伸し、フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は連日で過去最高値を更新。

 フィンテック関連の代表的な銘柄の一つで決済サービスのスクエアが好決算
を手掛かりに13%高と急伸。同じく決算を好感した買いでウェアラブルカメ
ラのゴープロや動画配信のロクが大きく上昇し、ドラッグストアと薬剤給付管
理のCVSヘルスや携帯電話大手のTモバイルUSも好決算を手掛かりに大幅
高となりました。

 一方、ゲームソフトのエレクトリック・アーツが、決算が予想を下回り大幅
安。新型コロナ感染拡大への懸念からサウスウェストやユナイテッド航空など
の空運株が下げ、カーニバルやロイヤル・カリビアン・クルーズなども下落。
重機のキャタピラーや化学のダウ・インク、工業・事務用品のスリーエムなど
の景気敏感株やエクソンやシェブロンなどのエネルギー株も値を下げました。

 尚、バイオ医薬品のバイオジェンと日本のエーザイが共同開発している認知
症治療薬について、米当局が「効果が証明されていない」との勧告を出したと
伝わり、バイオジェン株は終日取引停止となりました。

 NY原油(WTI)は1.65ドル(4.3%)安と続落。欧米で新型コロ
ナの新規感染者数の増加が続いていることから、経済活動の停滞による需要鈍
化が意識され売りが優勢となりました。

 NY金は4.9ドル(0.3%)高で続伸。為替市場でドル安が進行し、ド
ル建てで取引されている金の割安感を意識した買いが入りました。



 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛     

                 
             有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!

                  https://www.aqua-inter.com/special/


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】本日の注目点と話題                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◆先週末の日経平均は4日連続で上昇し、前日比219円高の2万4325円
で取引を終了。終値はおよそ29年ぶりの高値水準で、バブル崩壊後の戻り高
値を更新しました。

    日経平均株価の勝敗 〇●〇●●●●●〇〇〇〇

 個別銘柄では、セリア、SEMITEC、トヨタ自動車などが上昇しました。
※詳細は6日の本誌夕刊をご参照ください。

 ちなみに先週は、エムスリー、信越化、ダイキン、ダイフク、日電産、富士
通ゼネ、キーエンス、ホトニクス、シマノ、レノバ、メニコン、丸和運輸機関、
東映アニメ、ファストリ、京阪神ビルなどが上場来高値を更新しています。

 先週末のNY株は上昇一服となるも、半導体株が買われフィラデルフィア半
導体株指数(SOX)は連日で過去最高値を更新しました。

 CME日経平均先物の終値は2万4330円で、先週末の東京市場の日経平
均終値2万4325円とほ同水準でした。


◎日経平均株価と上下の節目
 ――――――――――――
 2万4500円 心理的節目
 2万4448円 取引時間中のバブル崩壊後の高値(18年10月2日)
 2万4330円 CME日経平均先物
☆2万4325円 先週末終値(終値ベースのバブル崩壊後の高値)
 2万4000円 心理的節目
 2万3679円 5日線
 2万3668円 一目転換線・基準線



◎中国貿易統計
 ――――――
 中国税関総署が7日に発表した10月の貿易統計によりますと、ドル建ての
輸出入額の前年同月比増減率は下記のようになっています。

   輸出 11.4%増 (市場予想9.3%増)※前月 9.9%増

   輸入  4.7%増 (  〃 9.5%増)※前月13.2%増

 輸出が前年実績を上回るのは5カ月連続で、マスクなどの輸出増が寄与し、
伸び率は19年3月以来、1年7カ月ぶりの大きさ。輸入は伸びが鈍化したも
のの2カ月連続の増加となりました。



◎本日の予定
 ―――――
 08:50 日銀金融政策決定会合の主な意見(10月開催分)
 14:00 9月の景気動向指数速報値



◎決算発表 
 ――――
 大林組、清水建、東急不、JFE、日製鋼、三井金、住友鉱、ワークマン、
 マツダ、ヤマハ発、セコム、ソフトバンクGなど

(海外)マクドナルド、ビヨンド・ミートなど



◎今週のポイント
 ―――――――
・米大統領選について米メディアが民主党候補のバイデン前副大統領の「当選
 確実」を報道。法廷闘争になった場合に結果確定にはなお時間がかかる可能
 性も含めて大方の予想通りの展開ではあるものの、霧が一つ晴れた印象。

 巨額のインフラ投資や環境政策など、バイデン氏の政策が改めて注目される
 可能性も。

・先週のFOMCで米連邦準備理事会(FRB)は超低金利政策の長期化及び
 追加緩和の可能性を示唆しており、株式市場は過剰流動性を背景にした好需
 給が続く公算。

・上昇ピッチが速く、スピード調整も想定。ただ、下げれば日銀のETF買い
 が入ることや投資家の買い意欲も強いことから深押しは想定しづらし。

・日本電産、ソニー、任天堂、トヨタなど主力企業は総じて好決算で、市場は
 リスクオンムードながら、決算により二極化が進む公算。

・為替の動きには注意。

・11日は中国で「独身の日」。毎年開催される大規模オンラインセールでは
 日本のブランドや商品が人気。昨年の同セールでの中国アリババグループの
 売上高はわずか1日で4兆円超。 

・10日にマイクロソフトが、12日にソニーが新型ゲーム機を発売。ちなみ
 にソニーの「PS5」の初回出荷分は予約で完売しており、発売日当日の店
 頭販売はなし。

・日経平均は、取引時間につけたバブル崩壊後の高値2万4448円が意識さ
 れるも、その水準を抜ければ関門となる節目や抵抗帯は上方に存在せず。



◎明日以降の主な予定 ※予定は変更になる場合があります。

 10日(火) 日本:10月の景気ウオッチャー調査
        日本:明治HD、資生堂、富士フイルム、出光興が決算発表
        中国:10月のCPI、PPI
        米国:マイクロソフトが新型ゲーム機「Xbox」発売
        米国:アップルが新商品発表イベント

 11日(水) 日本:10月の工作機械受注
        日本:大和ハウス、三越伊勢丹、東芝、三菱地所が決算発表
        中国:大規模セール「独身の日」商戦
        米国:債券替市場が休場(ベテランズデー)

 12日(木) 日本:9月の機械受注統計
        日本:10月のオフィス空室率
        日本:マクドナルド、楽天、ブリヂストン、日産が決算発表
        日本:ソニーが新型ゲーム機「PS5」発売
        米国:週間の新規失業保険申請件数
        米国:ディズニー、シスコシステムズが決算発表

 13日(金) 日本:決算発表ピーク日
        米国:11月の消費者態度指数


◆今日の高島暦

 < 相場の波動 > 悪目買い方針で駆引きせよ

 <相場高低判断> 突飛の値出ることあり




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




     小さなことで満足しない者は、大きい事にも満足しない。


                         エピクロス





THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆11月9日 今日は何の日 六曜:友引

 119番の日、歯ぐきの日、喚起の日、秋の全国火災予防運動(~15日)、
 太陽暦採用記念日、ベルリンの壁崩壊の日


~ 皆様のご投票、心から御礼申し上げます。~ = 14年連続受賞 =


◎まぐまぐ大賞 2019
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  資産運用(株式)部門 第2位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2019/category/asset-stock.html


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年~08年はマネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除はご自身にてお願い
 いたします。登録解除用のURLをメルマガ最下段に記載しておりますので
 ご利用ください。

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<< TOP >>