無料のメールマガジンはハロー株式のバックナンバーです。

朝刊・夕刊と毎日2回、新鮮な情報をお届けしています。株式投資の参考にご利用ください。

朝刊

夕刊

月別

月別アーカイブ

【夕刊】
半導体関連が連日で上昇。半導体や電子部品向け切断・研削 ・研磨装置で世界首位のディスコが530円高の2万7740円、半導体製造 装置の東京エレクトロンが90円高の2万2940円、半導体向けシリコンウ エハ世界トップクラスのSUMCOが60円高の3250円、半導体シリコン ウエハで世界首位の信越化学が90円高の1万2450円となっています。
2018年01月19日 | 続きはこちら »
【朝刊】
ダウの上昇をけん引してきたボーイングが下落。ダウの下げ 幅(97ドル)のうち76%(74ドル)はボーイングによる下落です。巨額 の費用を計上し、解体も選択肢の一つとされているゼネラル・エレクトリック (GE)が4日続落、6年ぶりに17ドルを下回りました。
2018年01月19日 | 続きはこちら »
【夕刊】
ちなみに、NYダウが1999年3月に終値で初めて1万ドル台に乗せてから2万ドルに到達するまでは18年近い歳月を要しましたが、1万9000ドルから2万ドルまでは、営業日数でわずか42日で駆け上がりました。参考までに、NYダウが2万ドルを突破して以降、1000ドル上昇するのに要した日数(営業日ベース)は下記のようになっています。
2018年01月18日 | 続きはこちら »
【夕刊】
債務上限の引き上げ期限が近づきますとその都度リスクとして意識されますが、 ほとんどの場合でつなぎ予算が成立し心配は杞憂に終わります。ちなみに、米 政府機関が閉鎖されるとNY株も下落するケースが多いのですが、直近の3回 (2013年、1996年、1995年)は期間中上昇しています。
2018年01月17日 | 続きはこちら »
【朝刊】
昨晩のNY株は小反落。ダウは1日で282ドル高から一時100ドル安ま で値下がりし、日中の高安差は380ドルを超えました。
2018年01月17日 | 続きはこちら »
【夕刊】
昨年来でみて日経平均の安値は昨年4月14日の18335円です。その安値 から約9カ月で日経平均は5616円上昇し、現在は2万4000円目前とな っています。3万円達成も時間の問題のように思えます。
2018年01月16日 | 続きはこちら »
【朝刊】
昨晩のNY市場はキング牧師誕生日(祝日)で休場。欧州は英FT指数や独 DAX指数が小幅下落。午前6時過ぎの円相場は1ドル=110円50銭前後 と前日夕に比べ30銭ほど円高水準で推移しています。
2018年01月16日 | 続きはこちら »
【夕刊】
ソフトバンクGが288円高の9223円と値を飛ばしています。傘下の携帯会社ソフトバンクを東証1部に上場させる方針を固めたと報じられ、材料視した買いが入っています。調達資金は海外のIT企業への出資に充て、上場後も携帯会社ソフトバンク株の7割程度を保有し続け、約3割を売り出す計画です。
2018年01月15日 | 続きはこちら »
【朝刊】
先週末のNY株式市場は、好決算を好感した買いで3指数そろって最高値を更新しました。 米銀大手のJPモルガンや資産運用大手のブラック・ロックが取引開始前に発表した四半期決算はともに市場予想を上回り、法人税減税による利益拡大への期待が強まり買いが広がりました。
2018年01月15日 | 続きはこちら »
【増刊】
ここに株式投資で大きく儲ける秘訣があります。やはり、株式投資で儲ける ためには後者のタイプ、すなわち『ゆとり型』になる必要があります。株式投 資だけで巨額の財を築き、毎年全米の長者番付けのトップクラスに顔を出す 「ウォーレン・バフェット」然りです。「急がば回れ、走れば躓く(つまずく) 」、「儲けは我慢の対価」、すなわち「辛抱銭」(しんぼうぜに)、この原則 をしっかりと心得ておく必要があります。
2018年01月13日 | 続きはこちら »
【朝刊】
昨晩のNY株は、主要3指数そろって過去最高値を更新。ボーイングが買わ れ、エネルギー株や航空株などの上昇が目立ちました。原油(WTI)が3年 ぶりの高値を更新。為替は前日夕に比べ円高となっています。
2018年01月12日 | 続きはこちら »
【夕刊】
ガソリン価格の値上がり傾向が続いており、1月9日時点のレギュラーガソリ ンの価格(全国平均141.9円)は15年7月27日調査時点(142.5 円)以来およそ2年半ぶりの高値となっています。なお、国際エネルギー機関 (IEA)が昨年11月に発表したエネルギー展望によれば、原油価格は25 年に83ドルに達するとしていますが(昨日現在で63ドル)、シティグルー プが9日に発表したリポートでは原油価格は今年中に80ドルに向かうとして います。ちなみに、資源エネルギー庁の調査におけるレギュラーガソリン(全 国平均)の過去最高値は08年8月4日の185.1円で、その水準に近づく とすれば、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)へのシフトがさらに 加速しそうです。
2018年01月11日 | 続きはこちら »
【朝刊】
中国の当局者らが米国債の購入を減らすか停止する提言を行ったとの報道を 受けて、米債券安、株安、ドル安の流れ。急激な金利上昇は米景気を冷やしか ねないとの警戒感からNYダウは取引開始直後に128ドル安まで下落しまし た。
2018年01月11日 | 続きはこちら »
【夕刊】
年間の集計値によりますと、2017年の海外投資家の日本株投資の売り買い差引きは3年ぶりの買い越しで、買越額は7532億円となっています。一方、個人投資家は6年連続の売り越しで、売越額は5兆7934億円となっています。
2018年01月10日 | 続きはこちら »
【朝刊】
複数のアナリストが業績に強気の見方を示した医薬品・衛生 用品のジョンソン&ジョンソン(J&J)が上昇し過去最高値を更新。昨年の 航空機の製造数が過去最高だったと発表したボーイングも過去最高値を更新し、 ダウを57ドル押し上げました。
2018年01月10日 | 続きはこちら »
【夕刊】
バブル崩壊後の最安値をつけてからおよそ9年、日経平均は年初からの連騰で下げ幅の半値戻しとなる2万2985円をクリアし、さらに上伸しています。「半値戻しは全値戻し」という有名な格言がありますが、日経平均は数年内に最高値を更新するとの予想もあります。山一破たんの年に生まれた子供が新成人・・・20年という歳月も過ぎてみれば早いもので、市場のムードは様変わりとなっています。
2018年01月09日 | 続きはこちら »
【朝刊】
昨晩のNY株はしっかり。ダウは上昇一服となりましたが、ナスダック指数は連日で過去最高値を更新しました。個別銘柄では半導体のエヌビディアや建機のキャタピラーなどが最高値を更新しています。
2018年01月09日 | 続きはこちら »
【増刊】
さて、「始め良ければ終わり良し」と申しますが、年明け大発会(1月4日) の日経平均株価はいきなり741円の大幅高となり、翌日(5日)も208円 高。年明けの2日間で949円という大幅上昇となっています。
2018年01月06日 | 続きはこちら »