無料のメールマガジンはハロー株式のバックナンバーです。

朝刊・夕刊と毎日2回、新鮮な情報をお届けしています。株式投資の参考にご利用ください。

朝刊

夕刊

月別



―――――――――――――――――――――――――――――――――――


 ┏━━━━━━━━━━┓
 ┃アクア・スペシャル版┃  ~ 投 資 の 指 針 ~
 ┗━━━━━━━━━━┛ 


                https://www.aqua-inter.com/special/




株式投資のPARTNER ━━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

             ◎ ハロー株式 ◎       2019/08/19 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・



おはようございます。aquaです。

 先週はお盆休みとさせて頂き、大変失礼いたしました。本日より通常通りの
配信とさせて頂きますので、よろしくお願い申し上げます。


 さっそくですが、気になる株式マーケット。お盆休みで東京市場、そしてN
Y市場の値動きをチェック出来なかった方も多いかと思います。そこで、土曜
日の増刊号でも申し上げましたが、本日は改めてお盆期間中の値動きを以下に
時系列でまとめさせて頂きました(小数点以下切り捨て)。



    = お盆期間中の日米株式市場の動き =


           ☆日経平均株価☆

 休み前 9日(金)   91円高   2万0684円
    13日(火)  229円安
    14日(水)  199円高
    15日(木)  249円安
    16日(金)   13円高   2万0418円


            ☆NYダウ☆

     9日(金)  90ドル安   2万6287ドル
    12日(月) 380ドル安
    13日(火) 372ドル高
    14日(水) 800ドル安   今年最大の下げ幅
    15日(木)  99ドル高
    16日(金) 306ドル高   2万5886ドル



 連休前9日(金)の日経平均株価は2万0684円でしたので、お盆休みの
期間中16日(金)の終値2万0418円まで累計で266円の下落となって
います。


 NYダウは連休前(9日:金)が2万6287ドルでしたので、16日(金
)の終値2万5886ドルまで累計で401ドルの下落となっています。


 円相場はお盆休み前が1ドル=105.90円前後。17日の海外市場では
1ドル=106.35円前後ですので、やや円安に振れています。




……………………………………………………………………………………………
 ~目次~          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.NY市況

 2.本日の注目点と話題

 3.心に残る名言






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


□ダウ工業株      25886.01(+306.62)△1.20%
□ナスダック       7895.99(+129.38)△1.67%
□S&P500      2888.68(+ 41.08)△1.44%

□ダウ輸送株       9967.32(+202.83)△2.08%
□半導体株(SOX)   1479.25(+ 39.96)△2.78%

□NY原油先物( 9月限)  54.87(+ 0.40)
□NY 金先物(12月限)1523.60(- 7.60)

□為替      (対ドル)106.36(前日比0.20円安)
        (対ユーロ)117.96(前日比0.28円安)

CME日経225先物    20565(+175)※大阪終値比



 先週末16日のNY株式市場は、金利低下の一服で投資家心理が改善、中国
やドイツの景気対策への期待もあって続伸しました。

 週央(14日の水曜日)は中国の7月の工業生産高の伸びが大幅に鈍化し、
ドイツの4~6月期GDPが3四半期ぶりのマイナス成長となったことに加え
米景気の後退を示唆するとされる米長短金利の逆転(逆イールド現象)が12
年ぶりに発生したことからリスク回避の売りが膨らみ、NYダウは800ドル
安と今年最大の下げを記録しました。

 翌15日はウォルマートの好決算や7月の米小売売上高が予想以上の伸びと
なったことから過度の警戒感が後退し、前日の急落の反動もあって押し目買い
が入りダウは99ドル高と反発。

 16日は米景気後退の懸念を招いていた米長期金利の低下が一服し朝方から
買いが先行。中国が可処分所得を増やす内需刺激策の実施を表明したことや、
ドイツが景気後退に備えて財政規律ルールを一時棚上げし歳出拡大による景気
刺激策を検討しているとの報道も追い風となり上げ幅を拡大、ダウは306ド
ル高で取引を終了しました。

 S&P業種別指数は全11業種が上昇。工業、テクノロジー、金融、素材な
どが上昇率上位となっています。

 個別銘柄では、中国事業の比率が高い工業用品のスリーエムや化学のダウ・
インクが買われダウ銘柄の上昇率1位、2位。金利低下の一服を好感してJP
モルガンやゴールドマン・サックスなどの金融株に買いが入り、アップルやマ
イクロソフトなどの大型ハイテク株も上昇しました。
 
 不正会計疑惑で前日急落した複合企業のゼネラル・エレクトリック(GE)
が急反発。GEが不正会計疑惑に対し「根拠がない」として反論したことや、
同社CEOが前日の急落時に自社株を買い足したことが明らかになり、この日
は買い戻しが優勢となりました。

 前日発表した決算が予想ほど悪化しなかったことから半導体のエヌビディア
が大幅上昇。エヌビディアの決算で業績懸念が後退し、同業のアドバンスト・
マイクロ・デバイシズ(AMD)や半導体製造装置のラム・リサーチなども大
きく上昇しました。

 NY原油(WTI)は3日ぶりに反発。原油相場は前日までの2日間で5%
近く下げていましたが、この日は株高を受け、同じリスク資産である原油にも
買いが入りました。ただ、石油輸出国機構(OPEC)が8月の月報で今年の
原油需要予測を下方修正したことから上値は限定的でした。

 一方、NY金は3日ぶり反落。この日はリスク資産である株や原油に資金が
向かい、逃避マネーの流入で約6年4カ月ぶりの高値圏にあった金先物は利益
確定の売りで反落しました。

 バルチック海運指数(BDI)は7営業日続伸。2013年12月以来の高
値となった7月21日の2191ポイントに急接近しています。

 尚、WTIやBDI、NYダウなどの推移は下記よりご確認いただけます。

 → http://www.aqua-inter.com/hint/data.html




 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛
 
            有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!
 
                  https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】本日の注目点と話題                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◆先週末の日経平均株価は、前日比13円高の2万0418円で取引を終了。

    日経平均株価の勝敗 ●〇●●●●〇○●〇●〇


 先週末のNY株は、金利低下の一服で投資家心理が改善、中国やドイツの景
気対策への期待もあって続伸しました。

 CME日経平均先物の終値は2万0565円で、先週末の東京市場の日経平
均終値2万0418円と比べ150円ほど高い水準。先週末の大阪取引所の日
経平均先物(夜間取引)終値は2万0570円となっています。


◎日経平均株価と上下の節目
 ――――――――――――
 2万0782円 8月9日高値
 2万0581円 窓上限(8月14日安値)
 2万0565円 CME日経平均先物
 2万0526円 一目転換線
 2万0523円 5日線
 2万0500円 心理的節目
☆2万0418円 先週末終値
 2万0110円 8月6日安値



◎本日の予定
 ―――――
 08:50 7月の貿易統計
 13:00 7月のマンション市場動向


◎決算発表
 ――――
 15:00 あいHD(3076)
 15:15 北川精機(6327)


●その他のトピック

・ユニゾ、SBG系ファンドが友好的TOB HISに対抗

・ヨロズ、旧村上ファンド系のレノが株式買い増し6%超に

・ユニファミマ、パンパシ株を追加取得 最大15%保有へ

・ジーエヌアイグループ、9月3日現在の1株を3株に分割

・エプコ、8月23日付で東証2部から東証1部に指定替え



◎明日以降の主な予定 ※予定は変更になる場合があります。

 20日(火) 日本:7月の主要コンビニ売上高

 21日(水) 日本:7月の百貨店売上高
        日本:7月の訪日外国人客数
        日米:閣僚級貿易交渉(ワシントンで22日まで)
        米国:7月の米中古住宅販売件数
        米国:FOMC議事要旨

 22日(木) 欧州:8月の独仏ユーロ圏製造業PMI速報値
        米国:ジャクソンホール会議(24日まで)

 23日(金) 日本:7月の全国CPI
        G7サミット(仏ビアリッツで27日まで)
        米国:7月の新築住宅販売件数
        米国:パウエルFRB議長講演


◆今日の高島暦

 < 相場の波動 > 前週末の相場に反して動く

 <相場高低判断> はかばかしく動かぬ




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞





     失敗を気にしていては革新はできない。

     打率3割といえば強打者だが、

     それは10のうち7までが失敗だったということなのだから。


                           A・スローン





THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆8月19日 今日は何の日 六曜:先勝

 俳句の日、バイクの日



~ 皆様のご投票、心から御礼申し上げます。~ = 13年連続受賞 =


◎まぐまぐ大賞 2018
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第3位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/asset-stock.html


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年~08年はマネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。登録解除用のURLをメルマガ最下段に記載しており
 ますのでご利用ください。

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<< TOP >>