無料のメールマガジンはハロー株式のバックナンバーです。

朝刊・夕刊と毎日2回、新鮮な情報をお届けしています。株式投資の参考にご利用ください。

朝刊

夕刊

月別




株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎     2019/08/17 増刊号

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


全国及び海外の皆様、こんにちは。aquaです。

 貴重なお盆休み、皆様いかがお過ごしになられたでしょうか。連日で暑い日
が続いていますが、それでも暦の上では立秋を過ぎ、幾分秋らしさを感じられ
るようになりました。


 さて、気になる株式マーケット。お盆休みで東京市場、そしてNY市場の値
動きをチェック出来なかった方も多いかと思います。


 そこで、本日はお盆期間中の日米株式市場の値動きを簡単に時系列でまとめ
させて頂きましたので、ご確認頂ければと思います(小数点以下切り捨て)。


     = お盆期間中の日米株式市場の動き =


             日経平均株価

 休み前 9日(金)   91円高   2万0684円
    13日(火)  229円安
    14日(水)  199円高
    15日(木)  249円安
    16日(金)   13円高   2万0418円


            NYダウ

     9日(金)  90ドル安   2万6287ドル
    12日(月) 380ドル安
    13日(火) 372ドル高
    14日(水) 800ドル安   今年最大の下げ幅
    15日(木)  99ドル高
    16日(金) 306ドル高   2万5886ドル



 連休前9日(金)の日経平均株価は2万0684円でしたので、お盆休みの
期間中16日(金)の終値2万0418円まで累計で266円の下落となって
います。


 NYダウは連休前(9日:金)が2万6287ドルでしたので、16日(金
)の終値2万5886ドルまで累計で401ドルの下落となっています。


 円相場はお盆休み前が1ドル=105.90円前後。昨晩のNY市場では1
ドル=106.35円前後ですので、やや円安に振れています。


 さて、今後の展開ですが、足元はご存知の通り、米中貿易摩擦、香港の大規
模デモ、世界的景気後退懸念を背景に軟調な展開を余儀なくされています。そ
れでも大切なのはやはり6ヶ月後、或いは1年後にどうなっているかという中
長期的な見方、スタンスです。


 注目したいのは、米中の政権が政治的に重要な節目に差しかかり、景気悪化
に対して予防的な政策運営を強く志向することが想定されるという点です。


 中国は今年10月1日に建国70周年を迎えます。1強体制を固めた習近平
国家主席にとって今年の最重要課題は内政と外交を安定させて建国記念日を盛
大に祝賀し、自らの業績と共産党政権の正統性を誇示して国威を発揚すること
でしょう。しかし、貿易や安全保障などの面で米中間の対立は激化し、国内で
は経済成長の減速が懸念されます。


 建国70周年を前に中国は景気失速が重なる事態は是が非でも避けたいとこ
ろです。また、習氏が唱える「平和的発展」を目指す姿勢を国際社会に示して
くることも想定されます。


 来年秋の大統領選まで1年になる米国も支持層向けに米中貿易摩擦での強硬
姿勢を崩せない分、景気だけは好調さを維持したいところです。おそらく米中
とも秋にかけて景気失速の影が深まる場合は政策総動員で対応することが想定
されます。


 暦の上では立秋を過ぎ、既に秋です。食欲の秋・読書の秋・スポーツの秋・
芸術の秋と申しますが、実は「株式投資の秋」でもあります。


 株式投資で最も投資成果が向上するパターンは「秋に買って春に売る」、こ
れであり、前向きな意味でこれからが一番大切な時期となります。こうした点
を踏まえて今後の株式マーケットに臨みたいところです。


 ところで、私aquaは毎週水曜日に相場の見方に加えて厳選した熱い有望
銘柄をご紹介する【スペシャル版】(有料版)をお届けさせて頂いています。


 お陰様で20年に渡って大変多くの方々にご活用頂いており、これからもそ
の【スペシャル版】(有料版)にてご紹介させて頂く銘柄は大きく上昇してく
ることが想定されます。何故なら、足元の株式マーケットには上昇余地大の魅
力的な銘柄がいっぱいあるからです。


 料金は6ヶ月コース(26回配信)で僅か1万6200円(税込み)と極め
て安いです。投資成果向上のため、是非とも【スペシャル版】をご活用下さい
ませ。


 【スペシャル版】の詳細とお申込み

       → https://www.aqua-inter.com/special/



 それでは皆様、楽しい週末をお過ごしくださいませ。

                           aquaより



 本誌は13年連続で大きな賞を受賞しています。


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年~08年はマネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


◎まぐまぐ大賞 2018
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第3位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/asset-stock.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。登録解除用のURLをメルマガ最下段に記載しており
 ますのでご利用ください。

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<< TOP >>