月別アーカイブ

【増刊】「故に貧窮す」
『株式投資で上手く行かない』、或いは『どの銘柄を買ったらいいのか分からない』という方は一度『スペシャル版』(有料版)をご利用してみてはいかがでしょうか。
2010年02月27日 | 続きはこちら »
【夕刊】「都市別貯蓄額」
2月17日のスペシャル版にてご紹介させて頂きました「先高暗示、静かな内に仕込んでおきたい投資妙味大の国策関連銘柄○7○○」、本日から急動意となっています。まだまだ上値余地大であるだけに、引き続き強気のスタンスで臨みたいところです。
2010年02月26日 | 続きはこちら »
【朝刊】「蛤」
25日のNY株式市場は反落。ダウの下げ幅は一時188ドル安まで拡大しましたが、安値からは130ドル幅で値を戻しています。産金大手ニューモント・マイニングが発表した10―12月期決算が、金価格の上昇と増産で大幅な増収増益となり、同社株が大幅に上昇。同業のバリック・ゴールドやゴールドコープなども買い優勢となりました。
2010年02月26日 | 続きはこちら »
【夕刊】「雪月花時最憶君」
その他、中国での化粧品成長期待の高まりからファンケルが73円高の17 94円、ウェザーニューズが48円高の1090円、三越伊勢丹HDが36円高の936円、京都銘柄の堀場製作所が90円高の2380円、サンケン電気が11円高の296円、電源3社の一角でドコモ向け電源機器が主力のオリジンが11円高の317円、ドラッグストア大手の一角ツルハHDが125円高の3405円、ヤフーが500円高の3万2950円と値を飛ばしています。
2010年02月25日 | 続きはこちら »
【朝刊】「半値八掛け二割引」
バーナンキ議長は議会証言で、労働市場の弱さや抑制されたインフレ動向といった状況により、「フェデラルファンド金利を長期間、異例に低水準とすることが正当化される公算が大きいと想定している」と前回会合後に発表した声明内容を踏襲しました。
2010年02月25日 | 続きはこちら »
【夕刊】「人の気配」
相場全般安の中にあって、武田薬品が50円高の4030円と逆行高。経済指標の悪化を受けて欧米景気の先行き不透明感が広がる中、景気動向に左右されにくいディフェンシブストックとして意識した買いが入っています。また、武田の配当利回りは現在約4.5%と高く、3月の配当取りに向けて上昇を見込んだ買いも入っています。
2010年02月24日 | 続きはこちら »
【朝刊】「六曜」
23日から始まった米下院でのトヨタの公聴会が生中継され大きな関心を呼んでおり、また24日と25日に行われるバーナンキFRB議長の議会証言を控え安値圏で様子見ムードも漂い、公定歩合の引き下げに動いたバーナンキ議長の発言に注目が集まっています。
2010年02月24日 | 続きはこちら »
【夕刊】「オフショア」
個別銘柄では、自動車ワイパーモーター主力でホンダ向け5割弱のミツバが35円高の472円と8%の大幅高。今月10日に今3月期連結業績予想の上方修正を発表。営業利益予想で期初予想の13億円から28億円に大幅増額。前期は75億円の赤字だっただけに、業績好転を好感した買いが継続しています。
2010年02月23日 | 続きはこちら »
【朝刊】「5億126万人」
週明けのNY株は、手掛かり材料難から方向感に欠ける動きで指数は引けにかけて改めて下落に転じています。ダウは5営業日ぶり、ナスダックは7営業日ぶり反落です。
2010年02月23日 | 続きはこちら »
【夕刊】「ブラック・スワン」
今週(水)のスペシャル版では、1月27日にオバマ米大統領が一般教書演説の中で表明した○○の推進。これの関連有望銘柄をご紹介させて頂きます。先高期待大だけに、要注目となります。
2010年02月22日 | 続きはこちら »
【朝刊】「山女」
今回の公定歩合引き上げに関して、発表当初はFRBが出口戦略に向けて動きだしたことで相場が圧迫されるとの警戒感がありましたが、CPIの低下を見て落ち着きを取り戻し、今回の措置は危機的状況だった金融市場や経済が正常化してきた証しとして好意的に捉える向きも増えています。
2010年02月22日 | 続きはこちら »
【増刊】「騰落レシオ」
相場の先行きを見通す上で的中率の高い『騰落レシオ』は週末現在で70%と底値圏にあることを示唆しており、状況の落ち着き具合によってはいつ相場が上昇しても不思議ではありません。そうなる可能性は高いのです。
2010年02月20日 | 続きはこちら »
【夕刊】「カメリア」
大和投資信託は「ダイワ・ニッポン応援ファンド-京都の志士達」の設定額が345億円を集めたと発表。目論見書に挙げられている参考銘柄は、日本電産、ローム、京セラ、村田製作所、任天堂、日本電気硝子、GSユアサ、京都銀行となっていますが、その他京都に本社を持つ有力企業として、宝HD、第一工業製薬、三洋化成、日本新薬、ワタベウェディング、TOWA、ユーシン精機、オムロン、堀場製作所、ニチコン、島津製作所、大日本スクリーン製造、日本写真印刷などがあります。
2010年02月19日 | 続きはこちら »
【朝刊】「梅の名所」
昨晩のNY株はしばらく横ばいで推移した後、終盤にかけて上げ幅を拡大し上値を試 す展開。金融規制強化を柱にした「ボルカールール」について、上院銀行委員会が中身を薄めた案を検討していると伝わったことが相場を後押ししました。
2010年02月19日 | 続きはこちら »
【夕刊】「世界で最も住みやすい都市」
昨日に272円の大幅高となった後 だけに上値では戻り売りが見られ、また25日移動平均線が1万0377円どころに位置していることから節目(ふしめ)として意識され、買い一巡後は上値の重い展開。もっとも、下値を売り込む動きも見られず、本日の高値1万0340円と安値1万0285円の値幅は55円と終日狭いレンジ内で推移しています。
2010年02月18日 | 続きはこちら »
【朝刊】「春一番」
NY外為市場で円安が進行。今朝6時現在の円相場は1ドル=91円32銭前後と、およそ1カ月ぶりの円安水準となっています。
2010年02月18日 | 続きはこちら »
【朝刊】「高配当有望銘柄一覧&投資妙味大の国策関連銘柄!」
相場全般の株価水準が日経平均株価で1万円前後と安値圏に位置する昨今、「高配当+値上がり益」というダブルメリットが狙えるタイミングとなっており、かつ騰落レシオも昨日現在で73%と絶好のタイミングを示唆。高配当取りは有効な投資戦略の一つとして見逃せません。
2010年02月17日 | 続きはこちら »
【夕刊】「開花予想」
日本電産サンキョーが9円高の751円と上昇。バンクーバー冬季五輪のスピードスケート男子500メートルで長島圭一郎、加藤条治の両選手が2、3位に入り、銀メダルと銅メダルを獲得。ともに日本電産サンキョーに所属することから株価の刺激材料となっています。
2010年02月16日 | 続きはこちら »
【朝刊】「蓮根」
海外では、昨日に続き、中国、台湾、香港の各市場が休場(旧正月)となります。経済指標・行事では、欧州連合(EU)財務相理事会(ブリュッセル)、1月のEU25ヵ国新車販売台数、2月の米住宅市場指数(NAHB)、2月の米ニューヨーク州製造業業況指数(NY連銀)などの発表が予定されています。
2010年02月16日 | 続きはこちら »
【夕刊】「第一生命」
中 国の預金準備率の2ヶ月連続の引き上げによる中国向け輸出の減速懸念、また本日から開催の欧州財務相会合でのギリシャ支援策の内容を見極めたいとして上値を積極的に買う動きは限定的。今晩のNY市場がプレジデントデーで休場、春節(旧正月)で上海市場が今週いっぱい休場となることもあり、買い手控え気分が強まる中、引けにかけてジリジリと値を下げる展開となっています。
2010年02月15日 | 続きはこちら »
【朝刊】「春聯」
ダウは1万ドルの攻防となっており、ダウが取引時間中に1万ドルの大台を下回るのは7日連続で、うち6日は終値で1万ドル台に戻しています。
2010年02月15日 | 続きはこちら »
【増刊】「3D」
この機会にザッと関連銘柄を挙げさせていただきますと、液晶画面を3D化する特殊フィルムを手掛ける有沢製作所(5208)、高速画像処理LSIで実績を持つザインエレクトロニクス(6769、JAQ))・・・等々が挙げられます。
2010年02月13日 | 続きはこちら »
【夕刊】「春節」
ファーストリテイリングが430円高の1万4440円と値を飛ばしています。12日付のウォールストリート・ジャーナル(アジア版)などが、柳井正会長兼社長はグローバルなM&Aに1兆円の資金を充てる準備があると述べたと報じられ、世界的な事業基盤拡大への期待から買いが入っています。柳井氏は以前から成長のためのM&Aに積極的な姿勢を示しています。
2010年02月12日 | 続きはこちら »
【朝刊】「バンクーバー」
首脳会議を終えた各国首脳から政治的に明確なシグナルを送ったとしてギリシャに対する支援姿勢を強調する発言が相次いだことで安心感が広がり、相場は上昇傾向を鮮明にしました。
2010年02月12日 | 続きはこちら »
【夕刊】「年間3000万円」
昨日は好業績の発表を受けてリンナイが305円高の4530円(本日は20円高の4550円)と急騰しましたが、本日は沢井製薬が600円高の6380円と一気に昨年来高値を更新してきました。この銘柄は、ジェネリック(後発医薬品)という「国策関連」であることと「業績絶好調」であることを理由に5000円前後が狙い目としてご紹介させて頂きましたが、本日までに値幅にして1300円超、率にして25%超の上昇となっています。
2010年02月10日 | 続きはこちら »
【朝刊】「シジミ」
11日開催のEU首脳会議でトリシェECB総裁を交えギリシャ支援が協議されるとの観測もあり指数は終日堅調に推移。ダウは前日の下落分を埋め、節目の1万ドルを回復しました。
2010年02月10日 | 続きはこちら »
【夕刊】「塗るマスク」
好業績を発表した銘柄が値を飛ばし、またリコール問題のトヨタやサントリーとの経営統合撤回のキリンが値を上げたことが買い安心感を誘い、引けにかけて下げ幅縮小となっています。
2010年02月09日 | 続きはこちら »
【朝刊】「もち菜」
週明けのNY市場、ダウは1万ドルを挟み方向感のない展開となりましたが、一部欧州の財政懸念が重しとなり引けにかけて下落幅が拡大しています。
2010年02月09日 | 続きはこちら »
【夕刊】「スノーマゲドン」
サントリーとの経営統合の打ち切りを発表したキリンHDが急落すると日経平均は再び下値を模索する展開となっています。7ヶ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議で金融市場の安定化を促す具体的な対策が打ち出されなかったことやアジア主要市場が軟調なことも重石となっています。
2010年02月08日 | 続きはこちら »
【朝刊】「リンゴ」
先週末5日のNY株式市場は、引け間際に急速に買い戻され、ダウは3日ぶりに反発しました。
2010年02月08日 | 続きはこちら »
【増刊】「信用評価損益率」
評価損益率がマイナス20%前後になると相場は底打ちして上昇に転じる傾向があり、相場の天底・転換点を見極める一つの目安としてご活用頂ければと思います。
2010年02月06日 | 続きはこちら »
【夕刊】「感謝と愛情を伝える日」
トヨタが35円高の3315円と上昇。昨日発表した09年4~12月期連結決算で業績の改善傾向が確認され、見直し買いが入っています。前日までの株価調整で25日移動平均からの下方乖離率が約15%と広がり、急ピッチの下げの反動で自律上昇期待の買いも入っています。
2010年02月05日 | 続きはこちら »
【朝刊】「御御御付け」
コモディティ(商品)や株式市場でリスク回避の動きが一気に広がりました。ダウは週前半の上昇を帳消しにし、取引時間中に一時1万ドルの大台を下回る場面もありましたが、終値では1万ドル台に戻しています。
2010年02月05日 | 続きはこちら »
【夕刊】「人気犬種ランキング」
引け後、トヨタは2010年3月期の連結営業損益が200億円の赤字(前 期は4610億円の赤字)になる見通しと発表。従来予想は3500億円の赤字で、各国の需要刺激策でエコカーを中心に販売台数が想定以上に伸びています。売上高は前期比10%減の18兆5000億円になる見通しで、従来予想は18兆円でした。最終損益は800億円の黒字(同4369億円の赤字)になる見込みで、従来計画は2000億円の赤字でした。
2010年02月04日 | 続きはこちら »
【朝刊】「立春」
本日は、13:00台に総合重機首位の三菱重工(7011)、賃貸ビル業最大手の三菱地所(8802)。15:00台に自動車メーカー世界首位のトヨタ(7203)、総合電機首位の日立(6501)、AV機器メーカー世界シェアトップのソニー(6758)など主要企業が決算発表を予定しています。
2010年02月04日 | 続きはこちら »
【夕刊】「独創的且つ創造的」
昨日に続いて機械関連の上げが目立ちます。ファナックは20円の小幅高ながら9260円で昨年来高値更新、ツガミが34円高の363円、オークマが22円高の547円、アマダが17円高の636円、牧野フライスは8円高の456円となっています。
2010年02月03日 | 続きはこちら »
【朝刊】「今週のスペシャル版」
今週のスペシャル版は下記内容にて本日夕方の配信予定です。 『 工場はフル操業状態、中国需要も拡大で上昇期待高まる○2○○! 』  『 余裕を生む投資のやり方 』
2010年02月03日 | 続きはこちら »
【夕刊】「一粒万倍」
トヨタが155円高の3605円と値を飛ばしています。昨日にアクセルペダルの不具合による米国での大規模リコール(回収・無償修理)問題について具体的な対応策を発表。週内に修理を開始することや一時停止していた米工場での生産再開時期を示したことが買いのきっかけとなっています。
2010年02月02日 | 続きはこちら »
【朝刊】「鍋つゆ 人気ランキング」
昨晩のNY株は、ISM指数で示された製造業の強さを背景にリスク選好ムードが強まったことで原油や金などのコモディティ(商品)相場も上昇し、エネルギーや素材株が上昇したことも指数を押し上げました。トヨタのADR(米預託証券)は買い戻しが優勢となり7営業日ぶりに反発です。
2010年02月02日 | 続きはこちら »
【夕刊】「年内立春」
75日移動平均線や13週移動平均線が位置する1万0100円台が下値サポートとして意識され、また1月半ば以来の調整を受けて先高期待からの押し目買いも入り、引けにかけて小幅ながらプラスに転じています。もっとも、ファナックが大幅高し、同社株だけで日経平均を15円押し上げた面もあります。
2010年02月01日 | 続きはこちら »
【朝刊】「如月」
先週末29日のNY株式市場は、事前予想を上回る経済指標を好感して上昇する場面もありましたが、手仕舞い売りに押され続落しました。
2010年02月01日 | 続きはこちら »